ドライカーボンエンジンカバー

cb-hcドライカーボンエンジンカバー

ドライカーボンで作製したヘッド部分のエンジンカバーです。

シリンダーヘッドを変更するとプラグ位置が変わってしまうため純正の穴が合わなくなってしまいます。
(アルミセンターリブ付属のシリンダーヘッドやマロッシのセンタープラグヘッド等です。)

通常そこを何らかの物でカバーするのですが、シンコーメタルでは本物のドライカーボンで製作しました。
よく出回っているカーボン風の模造品では有りません。
本物のドライカーボンです。

プラグ穴は開いておりませんので、ご使用になるシリンダーヘッドに合わせて穴をあけてください。
その際、プラグぴったりに開けてしまうと、プラグ脱着のためにエンジンカバーまで外すことになるので、純正キャップやライブディオ用とかのキャップカバーを組み合わせたほうがいいと思います。